ブラジルのホテル検索数が12倍に増加

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)は、2013年12月6日(金)に開催された2014年ワールドカップ
ブラジル大会の組み合わせ抽選の後、日本国内におけるブラジルのホテル検索数が抽選前に比べ、12倍に増加したということを発表しました。
また、2013年12月6日(金)~8日(日)の間、出場各国の予選リーグが実施される3都市の検索に関して、日本はアメリカ、イギリス、メキシコ、コロンビアに続いて世界で5番目に多く検索していたことが判明したことも併せて発表しました。

この調査は、組み合わせ抽選が実施された2013年12月6日(金)~8日(日)と、前週の2013年11月29日(金)~12月1日(日)の期間に、開催期間となる2014年6月11日(水)~7月14日(月)を対象に、日本国内における日本代表の1次リーグ戦の開催地である、レシフェ(2014年6月15日:対コートジボアール戦)、ナタル(2014年6月20日:対ギリシャ戦)、クイアバ(2014年6月25日:対コロンビア戦)の他、決勝トーナメントが行われるサンパウロやリオデジャネイロ、ブラジリアなど、ブラジル国内のホテル検索数を調査したものです。(※表記の時間はいずれも日本時間)

この発表を受けてHotels.com日本
パートナーマーケティングマネージャーの生駒千絵は、「この検索結果が示す通り、日本国内でワールドカップは非常に関心度の高いイベントであると証明されています。ブラジルは日本から最も遠い場所のひとつではありますが、Hotels.comのグローバルなホテル予約システムを有効に活用して、直接現地で日本代表の応援をして欲しいですね。」と述べています。