台湾人の訪日旅行が堅調

main_R_20.jpg sub1_R_14.jpg

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)の台湾サイトでは、日本への旅行人気が上昇し続けていることが判明しました。日本政府観光局(JNTO)の訪日外客数(2013年1月~9月暫定値)の資料によると、台湾からの訪日旅行者数は、韓国に次ぎ第2位の1,669,967名2012年同期に比べて52.3%も増加しています。
これは円安の影響に加え、昨年から今年にかけ、格安航空会社(LCC)を含めた航空会社の台湾と日本を結ぶ路線が増加していることが要因となっています。

Hotels.comの台湾サイトの利用者によるHotel Price
Index(2013年1月~6月)の結果をみると、海外旅行都市TOP20のうち、東京が1位、大阪2位、京都が3位となり、世界の観光地の中でも日本旅行の需要が非常に高くなっています。また、今回初めて17位に那覇、18位に福岡、19位に浦安がランクインし、国内全般において台湾人旅行者に人気があることが明らかとなりました。

また、Hotels.com台湾サイトの2013年1月1日~6月30日のデータによると、台湾人旅行者で「東京」のホテルを検索する約65%は、3つ星~3.5星ホテルを好み、最も人気のある宿泊地は新宿となっています。2位の「大阪」となり、約70%が3つ星~3.5星ホテルを好み、難波/心斎橋周辺のホテルが人気という結果となりました。