日系ホテルチェーンでは初 タイ国際航空とマイレージプログラム提携

main_4.jpg

株式会社ホテルオークラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荻田敏宏)は、タイ国際航空(本社:バンコク、社長 ソラジャック
カッセームスワン)と日系ホテルチェーンとして初のマイレージプログラム提携を2013年12月16日に締結した。

本提携により2014年1月1日から、タイ国際航空のマイレージプログラム「Royal Orchid
Plus」の会員が、ホテルオークラグループの国内50ホテル、海外22ホテルにご宿泊すると、タイ国際航空のマイレージを積算することが可能になる。積算マイル数は、ホテルによって異なり、マイル積算対象料金でご宿泊された場合、一滞在につき300マイルから500マイルたまる。

提携を記念して、2014年1月1日から3月31日までの3ヶ月間限定で、通常よりも多くたまる、ボーナスマイルキャンペーンを実施。
また、キャンペーン期間中にご宿泊いただいた会員20名様を抽選にて、2012年5月に開業した「オークラ プレステージバンコク」の和食堂「山里」にご招待。
(日本語)www.okura-jalhotels.com/jp/ffp/tg/(英語) http://www.okura-jalhotels.com/ffp/tg/