デルタ航空、シアトル空港発着便をさらに追加

main_R_26.jpg

デルタ航空(NYSE:DAL)は、2014年5月29日より、新たにシアトル-タコマ国際空港からカリフォルニア州サンノゼ行き路線と、アラスカの州都ジュノー行きの路線を開設し、アラスカ州アンカレッジ行きの季節運航便を増便することになった。これらの新規路線および増便により、シアトル空港に到着する国際線から乗り継げる就航都市がさらに増える。

2014年5月29日からの新路線・増便の詳細は次のとおり。
・ シアトル-サンノゼ 直行便 1日4便を毎日運航
・ シアトル-ジュノー 直行便 夏期に1日1便を毎日運航 ※ジュノーはデルタ航空初就航の都市
・ シアトル-アンカレッジ直行便 夏期に1日1便を追加、計1日3便を毎日運航

シアトル-サンノゼ線は、デルタ・コネクションのスカイウエストが、全76席のCRJ-900型機を使用して運航。シアトル-ジュノー線およびシアトル-アンカレッジの追加便は、ボーイング737-800型機を使用。全路線とも、ファーストクラスとエコノミークラスの2クラス制で、エコノミーコンフォートのセクションがあり、機内Wi-Fiを利用可能だ。