ガルーダ・インドネシア航空 全日本空輸株式会社との包括提携

main_R_35.jpg

ガルーダ・インドネシア航空(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者
エミルシャ・サタル)は、2013年12月19日(木)、日本インドネシア友好55周年記念行事「Indonesia Japan
Expo」会場(クマヨラン ジャカルタ)にて、ブディオノ・インドネシア共和国副大統領が見守る中、ANA(代表取締役社長
篠辺修)と二社間の包括提携に関する覚書を締結した。

包括提携の内容は、コードシェアとマイレージ提携の2点です。日本―インドネシア間の両社運航便、及び日本(最大11路線)、インドネシア国内(最大10路線)をコードシェア便とすることで、日本の地方都市からインドネシアの地方都市への乗り継ぎが可能になります。またインドネシア全土より日本各地への渡航が便利になり、益々の訪日需要が期待できます。マイレージ提携については、その詳細について今後継続協議していく予定。