ガルーダ・インドネシア航空 東京(羽田)‐ジャカルタ線 2014年6月16日(月)からの 就航

main_R.jpg

ガルーダ・インドネシア航空は、2014年6月16日(月)より「東京(羽田)-ジャカルタ線」の就航を決定した(政府認可取得を条件とする)。

2013年6月にデンパサールで行われた日本とインドネシアとの航空当局間協議で、羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠が2014年3月末に3万回から6万回に増加するにあたり、日本・インドネシアが1日2スロットをそれぞれ獲得する枠組みの構築が合意されました。これにより、かねてより要望の高かったジャカルタ線の就航計画が決定した。

現在、ガルーダ・インドネシア航空は、東京(成田)-ジャカルタ、東京(成田)-デンパサール(バリ島)、東京(羽田)-デンパサール(バリ島)、大阪(関空)-デンパサール(バリ島)線を毎日、大阪(関空)-ジャカルタ線を週4便、インドネシアから日本への直行便を合計、週32便運航しています。今回就航を予定している東京(羽田)-ジャカルタ線が加わることにより、近年ビジネス需要の高いジャカルタを中心に、日本からインドネシアへ、より幅広いフライトの選択肢がひろがる。

【東京(羽田)-ジャカルタ線運航計画 概要】
■就航開始日:2014年6月16日(月)
■使用機材:A330-300型機(エグゼクティブクラス36席 エコノミークラス215席)
■スケジュール:
便名:GA887
運航日:毎日
出発地:東京(羽田)
到着地:ジャカルタ
出発時間:11:45
到着時間:17:15

便名:GA876
運航日:毎日
出発地:ジャカルタ
到着地:東京(羽田)
出発時間:23:20
到着時間:08:50*翌日

※使用機材及びスケジュールは、2014年1月末日現在での予定であり、都合により変更になる場合があります。
※座席数は使用機材により異なる場合があります。
※ジャカルタ発-東京(羽田)行きは、2014年6月15日(日)からの運航となります。