ニュージーランド航空、日本路線の増便を発表

201411001.jpg

ニュージーランド航空は、日本路線の座席供給数を本年11月より30%増加させると発表した。

ニュージーランド航空日本・韓国地区支社長スコット・カーは、「ニュージーランド政府観光局と共に最近実施したキャンペーンは、予想以上に大きな反響を呼び、日本市場の重要性に対する認識が高まりました」

「この結果を受け、日本路線の座席供給量を、今年11月中旬から来年3月末にかけて約30%増加させると共に、2007年以来初めて、日本・ニュージーランド間の通年でのデイリー運航を実現します」と述べています。

新スケジュールは、昼間と夜間の運航の組み合わせとなり、これにより渡航者に幅広い選択肢と、ニュージーランド国内、そして成田経由での北アジア・ヨーロッパへのよりスムーズな乗り継ぎが提供できるようになります。

成田出発便は合計週10便となり、その内、オークランド直行便が毎日(週7便)、クライストチャーチ直行便が週3便となる予定。

ニュージーランド航空は年間を通しての運航の拡大を重要視しており、2019年までに日本からの訪問客数を2倍にするという野心的な目標も掲げている。

「現在実施しているキャンペーンの成果により、5月、6月の日本からの訪問客数は大幅な増加が見込まれ、今年度は目標以上の成果が期待できます。これは非常に心強い結果です」とスコット支社長は結んでいる。

日本はニュージーランドにとって5番目に大きな観光市場で、日本から年間約7万5千人がニュージーランドを訪れている。

※本内容は当局の認可を前提としています。
※本件は、3月6日にニュージーランドで発表されている内容です。

公式ホームページ: http://www.airnewzealand.jp
Facebook: http://www.facebook.com/AirNZJP