温泉を120%楽しむ方法 「常宿を作ろう!」 ~常宿を作る3つのコツ~

厳選した旅行情報を提供するオンラインメディア「Travelzoo(トラベルズー)」を運営するトラベルズー・ジャパンが、温泉を120%楽しむ方法として、常宿を作る3つのコツを紹介。

LCCの就航や円安の影響から、国内旅行が注目を高めている昨今、温泉旅行は根強い人気。
温泉好きにとって、全国各地の温泉地で、異なる温泉の効能や泉質を、きれいな景色やすばらしい設備とともに堪能することが何よりの楽しみだが、それだけでなく、日常生活から離れつつも、実家に帰ってきたような懐かしさや、ほっとする安心感、リラックス感を味わえるのも温泉宿ならではの醍醐味だ。
しかし、「何度行っても顔を覚えてもらえない」、または「館内や設備について同じ説明を繰り返される」と言う経験をした人も多いのでは?そこで今回Travelzooのお得情報に精通したDeal Expertが、温泉を120%楽しむ方法として、“常宿を作る3つのコツ”を紹介。
お気に入りの宿で常連として認識してもらえると、お部屋のアップグレードや記念日のお祝いにデザートをサービスしてくれるなど、初めて行く宿では味わえないお得な体験ができることもしばしば。1回の宿泊を最大限楽しもう。

<常宿をつくる3つのコツ>

ステップ1.オフシーズン行く

比較的お客さんが少ないオフシーズンには、接客スタッフの忙しさが軽減され、おもてなしやサービスの丁寧さがさらにアップする時期です。季節や立地など、宿や温泉地によってオフシーズンは異なるため、常宿にしたい温泉宿はいつの時期が狙い目なのか事前に調べる。

ステップ2.宿のスタッフに積極的に話しかける

初めての宿泊時、ホテルスタイルの宿では、いつも同じ人である可能性が高い深夜番のコンシエルジュやバーテンダー、旅館では女将さんや仲居さんなど、宿のスタッフに積極的に声をかける。特にベテランの仲居さんと顔見知りになることが重要。ご飯を運んでくれる仲居さんや、夜食を運んでくれる仲居さんはベテランであることが多い。話しかける内容はなんでもあり。料理の説明をお願いしたり、おすすめの地酒を聞いたり、観光スポットを聞いたり、「宿を楽しみたい!」という気持ちが伝わると、おもてなしのプロである宿のスタッフの皆さんはいろいろ教えてくれるはず。

ステップ3.最低3回は宿泊する

2回目に宿泊する時には、宿のスタッフに「前回はいつごろ来たか」など、以前宿泊した時のエピソードを会話に織り交ぜながら話しかけてみる。特に、

女将さんがお部屋に挨拶に来た際は必ず「ご無沙汰しています」と挨拶!リピーターさんと気づいてもらえる。そうすると、3回目に宿泊した時には、宿のスタッフに顔と名前を認識してもらい、さらに歓迎してもらえる!

お得情報に精通したトラベルズーのDeal Expertは、毎週2,000社を超える旅行・エンターテイメント関連企業が提供する膨大な情報の中から、おすすめ情報を発掘している。その時期や季節ならではの楽しみがあり、初めての方もリピーターの方も魅力が伝わるような情報を、消費者の目線で厳選し、週刊厳選イチオシ旅行情報メールマガジン「Top20(TM)」や、イチオシ旅行情報号外メール「Newsflash」にて配信している。

この時期にトラベルズーのDeal Expertが自信を持っておすすめする、常宿を作るきっかけにぴったりな4つの宿泊プランを紹介。

常宿作りにおすすめの温泉宿泊プラン

◆界 川治
¥16,500 — 『星野リゾート 界 川治』 6月に誕生 2食付特別プラン
宿泊プラン: 
http://www.travelzoo.com/jp/hotels/1721655/
「和心地(わごこち)」をテーマとしたおもてなしの温泉旅館。上質な空間や料理、良質な温泉はもちろん、伝統的な工芸などを通し、ご当地に触れる体験も楽しめるのが特徴の宿。
sub1.jpg

◆堂ヶ島ニュー銀水
¥14,500 — 伊豆 海一望の絶景客室に無料UP 伊勢エビ×鮑 土曜・GWもあり
宿泊プラン:
http://www.travelzoo.com/jp/hotels/1711898/
2014年の「プロが選ぶ日本の旅館・ホテル100選」にて「おもてなし全国7位」、「料理全国9位」、「総合全国11位」の実績がある高級旅館。全室オーシャンビューで、朝、夕、晩と異なる景色の移ろいを楽しむことができる絶景の宿。

sub2

 

 

 

 

 

 

 

 

◆湯村温泉 常磐ホテル

¥11,000 — 富士山を望む高級旅館 1泊2食 特典付 露天付客室1.9万円も
宿泊プラン: 
http://www.travelzoo.com/jp/hotels/1715968/
昭和4年創業以来、皇室や海外の大使を迎えてきた「甲府の迎賓館」と呼ばれる高級老舗旅館。ホテルに全8室しかない離れの露天風呂付き客室がオススメです。

 

◆ホテル軽井沢1130
¥8,800 — 新宿から往復バス付!北軽井沢 56平米客室 朝食付 土曜同額も
宿泊プラン: 
http://www.travelzoo.com/jp/hotels/1721650/
北軽井沢高原の標高1,130mに位置するリゾートホテル。このプランで利用する56平米のスーペリアツインルームは、まるでスイートルーム並みの広さがポイント。

sub3.jpg