ニュージーランド航空 オールブラックの特別塗装787-9型機をシアトルでお披露目

_7879001.jpg _7879002.jpg _7879003.jpg

世界に先駆け最新鋭ボーイング787-9型機を導入するニュージーランド航空は、ブランド・カラーである黒を使った新しいデザインの第一号機を、米シアトル近郊にあるボーイング社エバレット工場でお披露目した。

最新鋭787-9型機として世界で最初に就航するこの機体は、2014年4月5日(土)夕刻(太平洋標準時間)に格納庫を出庫し、今年半ばにはニュージーランド航空のラインナップに加わることになる。

この787-9型機は、ニュージーランド航空が導入した新しいデザインの内、黒を基調とした塗装を施される最初の機体。一方、白を基調とした新デザインは、すでに国内線のA320型機に順次導入されている。

今回、機体の披露に立ち会ったニュージーランド航空チーフ・フライト・オペレーション&セーフティ・オフィサーのキャプテン・デーヴィッド・モーガンは、787-9型機がニュージーランド航空のブランドカラーに包まれてお披露目されるのを見るのは感動的だった、と感想を述べている。

また、「機体を包み込むようにトレードマークであるコル(Koru、シダの新芽模様)やニュージーランドらしい美しいファーン(Fern、シダ)が見られてうれしい。この機体は、初の最新鋭機として、間もなく世界中の空を飛び、ニュージーランド人の誇りを広めてくれるでしょう。そしてアジア・太平洋各地の空港に降り立つ時は大いに注目を集めるに違いありません」と述べている。

塗装には、12人の職人が携わり、完成に要した日数は5日、使用した塗料は約320リットル。

ボーイング社民間航空機部門787型機開発担当バイス・プレジデント
マーク・ジェンクス氏は、「フライトテストも順調に進んでおり、こうして美しい機体をお披露目できるのは、787-9チーム全員にとってもうれしい瞬間です。ニュージーランド航空に最初の787-9型機を納品できるのが楽しみです」と語っている。

ニュージーランド航空の新しいデザインには、ニュージーランド政府観光局とニュージーランド貿易経済促進庁が使用の管理をするニュージーランドの代表的モチーフ、シダの葉模様が大きく描かれている。独特の黒のデザインは限定的な使用となり、通常の機体には白のデザインが施される。

今後10機の787-9型ドリームライナーがニュージーランド航空のフリートに並ぶこととなり、今回はその第一号。ニュージーランド航空は全世界で最初に最新鋭787-9型機を運航する航空会社で、最新鋭機を導入することにより、これまで使用してきた機体に比べ燃油効率が20%向上します。この787-9型機は今年10月15日よりまずオークランド・パース間に就航し、11月には東京、上海にも就航する予定。

公式ホームページ: http://www.airnewzealand.jp
Facebook: http://www.facebook.com/AirNZJP