ニュージーランド航空、ニュージーランド政府観光局合同による特別運賃キャンペーンを実施

ニュージーランド航空とニュージーランド政府観光局は、4月~10月の日本からの渡航者拡大を目指し、本日より合同キャンペーンを開始します。
今回のキャンペーンは、4月~10月期において、7千人以上の渡航者の増加を目指したもので、燃油サーチャージ・諸税込み総額88,000円*~というオークランド往復の特別運賃を提供し、テレビで人気の旅番組、新聞、雑誌、デジタルメディアにおいてマーケティング及び広報活動を展開するというものです。特別運賃の販売期間は2月28日までです。
main
ニュージーランド航空日本・韓国地区支社長スコット・カーは、「日本のニュージーランド旅行市場は確実に成長すると確信しており、当社では2019年までの目標の一つに日本からの渡航者数倍増を掲げています」「今年、ニュージーランド航空は、日本・ニュージーランド就航35周年を迎えますが、今回の合同キャンペーンを始めとするマーケティング活動により、日本市場への投資を強化しています。また、成田・オークランド路線での顧客満足度向上にも努めています」と述べています。

また、ニュージーランド政府観光局のニック・マッジ日本・韓国地区局長は次のように述べています。「昨年度、日本からニュージーランドへの訪問者数が増加したことを喜ばしく思っています。ニュージーランド政府観光局では、日本の皆様にシーズンに関係なく年間を通じて渡航いただくことをマーケティング戦略の一つとして掲げています。今回の合同キャンペーンのように4月~10月を対象としたキャンペーンを展開することで、日本市場が2015年も引き続き強い勢いを持つことになるでしょう」

ニュージーランド航空では昨年12月より最新鋭機ボーイング787-9ドリームライナーを日本路線に投入し、独自開発・設計のエコノミー・スカイカウチ、より寛げる空間を提供する新しいプレミアム・エコノミー、フルフラットになるビジネス・プレミアの各座席など、最新の機内設備でより楽しい空の旅をお届けしています。

ニュージーランド航空は成田・オークランド間を毎日直行便で結ぶ唯一の航空会社で、ニュージーランドの夏期(3月28日まで)には成田・クライストチャーチ直行便も運航しています。

* 表示料金は往復運賃で、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)および公定の諸税が全て含まれています。但し一部外国為替ベースでの運賃計算が含まれているため、最終提示価格が異なる場合があります。

※本件は、1月16 日にニュージーランドで発表されている内容です。

【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む16ヶ国53都市へ直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でもあります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に25都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に2014年、2015年の2年連続で選ばれるなど、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。